糸あやつり人形劇団みのむしの日記  http://mino3064.com


by mino3064

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宮古市に行ってきます。

明日から・・・いやいや、もう今日やんか、しかも あと数時間後やんか005.gif

26日出発して、岩手県宮古市に出かけます。
HP担当のわたくしめの故郷です。

あの大津波で生まれ育った町は跡形も無く破壊されました。
2年半が過ぎましたが、被災地はまだまだ大変です。

先日、以前支援公演に行った時知り合った福島の幼稚園の園長先生から電話をいただきました。
その先生の園は原発事故のため、近づくこともできませんでした。

オリンピックの東京招致が決まり、
東京は地価があがるだとか、新しい町ができるとか、
にぎやかだねぇ・・・
わたしたち、どうなるんだろ・・・

安倍さんは海外に向かって「心配ない!」と大見得を切ったんだから、
今度こそ本気?  見極めなくちゃね。

そんな話をしました。


故郷の友人たちは大変な苦労を強いられてるのにいつも温かく迎えてくれます。人形劇が本当に支援になってるのだろうかとの迷いもあります。

忘れないでいてくれることが力になる・・・友人の言葉を支えに行って来ます。
[PR]
by mino3064 | 2013-09-26 04:37
あれほど暑かった夏も9月に入って、一気に涼しくなりましたが、各地で集中豪雨や竜巻など大きな被害が相次いでます。
今年の天候はホントにヘンです。。。

8月24・25日は「喜之助フェス」に参加しました。

喜之助フェスが始まって25年回。
「晴れの国、岡山」と言われるだけあって、25回の間には1・2回雨がチラリと降ったこともあったけど、ガリガリした晴天に恵まれたフェスでした。それが今年はなんと、2日間ともずっと雨! 初めてのことでした。

今年は喜之助さんの生誕90年の節目でもあり、
飯室は喜之助さんの思い出や、喜之助フェスが始まる経過についてもお話しする機会をいただきました。

b0250586_1034243.jpg

喜之助さんの愛娘おふたりは家庭での喜之助さんを偲ばせる楽しいお話をしてくださいました。

同い年で、おうちも隣同士だったという、幼なじみの林胖さんは優等生であった喜之助さんのやんちゃな側面、エピソードなど興味深いお話を聞かせてくださいました。。
林さんも90歳!驚くほどご記憶が鮮明で、もっともっとたくさんお聞きしたかったです。
できれば書き残していただきたいなぁ001.gif

同日島根県の益田市でも「糸あやつりのフェス」が開催されましたが、ニュースで集中豪雨で被害が出てると聞き大変気になってました。
フェスは無事開催されたと聞きホッとしました。

益田では、17・18日にプレフェスに参加したのですが、宿泊ホテルのビルで偶々「神楽」を観ることができました。
勇壮な神楽が面白かったのはモチロンですが、観客が赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで全ての世代が揃って楽しんでることに驚きました。
子どもたちは、怖い鬼の形相の面にちょっとはビビって見せるけど、泣き出すこともなくノリノリで沸いてました。
「この辺の子は戦隊モノより神楽がかっこいいと思ってるのよ」
若いお母さんが、他所から来られたらしい子連れのお友だちにささやいてました。
なんか、カッコイイなぁ017.gif


b0250586_243326.jpg帰り道で偶々寄った道の駅でも神楽を観ることができました。

遊んでる子どもが重心を低くして神楽の振りの動きを無心に真似てる姿が可愛く、カッコイイなぁと感心しました。

きっと、面をつけて、全身全霊で舞うお兄さんたちは憧れの的なんでしょうね。


ずいぶん前のことですが、徳島でこどもたちが阿波踊りの太鼓を打つ姿が大人顔負けに決まっていて、その凛々しさに感動したことがありました。
伝承文化の中で育つこどもたちは知らず知らずこういうカッコよさが身につくんですね。
いいなぁ043.gif
[PR]
by mino3064 | 2013-09-05 03:25